ハーブ図鑑

強力な鎮痛作用と抗菌作用「歯医者さんのハーブ」クローブ

今日は、歯科領域に欠かせないハーブ「クローブ」をご紹介しましょう。

古くから、中国やインド、ヨーロッパなどで薬として重要な役割を果たしていたクローブ。
古代エジプトでは、その高い防腐作用・抗菌作用から、シナモンやクミンなどと共にミイラ作りにも用いられていました。

ハーブ・プロフィール(クローブ)

学名Syzygium aromaticum
Eugenia caryophyllata
科名フトモモ科
和名チョウジ
使用部位
主要成分精油(オイゲノール、β-カリオフィレンなど)
フラボノイド、フェノール酸
作用抗菌、鎮痛、局所麻酔、抗酸化、血行促進、防腐
適応歯痛、口腔咽頭の炎症、消化器の不調、頭痛

薬臭さのある刺激的な香りとスパイシーな風味

ハーブ・スパイスとして用いるのは、枝についた未成熟のつぼみを茶色くなるまで乾燥させたもの。形が釘に似ていることから、フランス語で「釘」を意味するclouに由来しています。
その香りはスパイスの中でも最も強く刺激的といわれ、肉料理の臭み消しや風味づけに用いられます。またコンポートなどのフルーツを使った料理とも相性抜群です。
甘くスパイシーな独特のクローブの香りは「クリスマスの香り」とも言えるでしょう。
シナモンやオレンジと合わせて作るポマンダー(魔除けのポプリ)やグリューワインなど、ヨーロッパの冬の風物詩に欠かせないものとなっています。

クローブには強い鎮痛効果と抗菌効果があり、歯痛や歯肉炎、口臭予防に効果があると言われています。歯痛の時、乾燥したクローブを噛むと痛みが和らぎます。
歯科でも利用され、「歯医者さんのハーブ」とも呼ばれます。

クローブに含まれるオイゲノールは抗酸化作用に優れ、老化を防止し動脈硬化を防ぎます。
また、消化を促進して胃腸を整えたり、吐き気を抑えたり、身体を温めたりする効能があるといわれています。

*・*・*

このクローブ、実は私の趣味トロッケンクランツ(ドイツ風木の実のリース)でも使いますよ。こちらです。


こんな風にボイロンと呼ばれるワイヤーでおめかしして使うことも。
トロッケンクランツでは、シナモンや八角、ジンジャーなど、他のスパイスもたくさん使います。
制作中は、集中するのでとっておきの瞑想タイムでもあり、スパイスたちの良い香りに包まれて、極上のリラックスタイムです♡

クッキング講師×ハーバリストのスパイスレッスン

今月、コーチ仲間でクッキング講師の丸山郁子さんと、コラボレーション企画やります!

本格バターチキンカレーとチャイのオンラインクッキング講座。
クッキング工程は、もちろん郁子さんにおまかせ。
私はカレーとチャイで使うスパイスたちの座学を担当いたしますよ~。

それから、参加者のみなさんには、私がブレンドした本格チャイセットもお送りします。ロンドン留学中(30年ほど前ですがね…)インド人のホストマザーが作ってくれた本場の作り方をご紹介しますよ~。
フォートナム&メイソン『ロイヤルブレンド』に、様々な有機スパイスをブレンド。フォートナム&メイソン『ロイヤルブレンド』は、チャイに適していると言われるアッサム&セイロンの王道ブレンドなのです。


カレーを煮込んでいる間は、こちらのチャイをいただきながら、楽しくおしゃべりしましょう。
はぁ~楽しみです♡♡♡

こちらの講座、まずは所属するコーチングスクール内で無料でトライ。
参加者さんたちのフィードバックをいただいた後、ストアカでみなさんにもご提供できたらと思っています。
ていうか、うまくいく気しかしない!(ポジ)
レッスンの様子は、またこちらのブログでご報告しますね~。

クッキング講師・丸山郁子さんが気になる方はこちらをご覧ください♡

ヨーロッパの冬の風物詩オレンジポマンダーの作り方はこちら♡

クリスマスの準備は万全? クリスマスリースとオレンジポマンダー作り こんにちは。JAMHA認定ハーバルセラピストのmarrieです。 クリスマスまであとひと月。みなさん、クリスマスの準備は進んでい...
中世ヨーロッパのクリスマスを味わう♡オレンジポマンダー完成! そして、来年の抱負 こんにちは。JAMHA認定ハーバルセラピストのmarrieです。素敵なクリスマス・イヴをお過ごしでしょうか。私は家族でまったりです。ス...

ホットワインについてはこちら♡

ホットワインで温まろう!こんにちは。JAMHA認定ハーバルセラピストのmarrieです。 だんだん日が長くなってきたとはいえ、まだまだ寒い日が続きますね。 とい...