コーチングblog

コーチングがうまく機能する時・しづらい時

ハーブティー屋さんから始まったうさぎ薬草ですが、お客さまと触れ合ううちに「もっとみなさんのお役に立ちたい!」という気持ちがふくらみ、また元々の勉強好きもあって、嗅覚反応分析、コーチング、カラーセラピー…と世界を広げてきました。

方法はそれぞれですが、ハーブも嗅覚反応分析もコーチングもカラーセラピーも、すべて自分自身を知り、受け入れ、そして癒すものだと思っています。

これまでにコーチ、セラピストとしてたくさんのお客さまの素敵なお話を聞かせていただきました。そして多くの方が気づきを得られて、自らの意志で前進されています。

f:id:herballife:20211014221823j:plain

そんな中、「コーチングがうまく機能していないな」と感じることがあります。
大きな理由は、以下の3つになります。

①コーチングに対する誤認識
②コーチングが機能しづらい状況である
③コーチ(私)との相性が悪い

このうち、③は残念ながらどうにもなりません。人としての好き嫌いですので、一刻も早くご自身に合うコーチのもとに行かれるのが得策です。(元も子もなくてごめんなさいね…。)
せっかくのコーチングの時間が、辛いものになってしまってはいけません。
今日は、③はひとまずおいておいて、

①コーチングに対する誤認識
②コーチングが機能しづらい状況である

について考えていきます。
特に「①コーチングに対する誤認識」は非常に多く、「コーチに相談すればすぐに問題が解決する、答えをもらえる」と思っている方もいらっしゃいますが、決してそうでありません。

まずは、コーチングとはどういうものかを今一度ご説明するとともに、コーチングにより飛躍的に成長できる場合、逆にコーチング自体がかえってストレスになってしまう場合をご紹介します。

コーチングは『目標達成ツール』

コーチングとは、目標を達成するためのツールです。

達成したい目標や解決したい問題があるけど、うまく事が進まない。
行動が出来ない。
目標そのものを見つけたい。

そんなあなたと、ゴールを決めて、そこに向かって対話します。
目標(理想)と現状の間のギャップに着目し、それを埋めるためには何が必要か、何ができるかを考えます。

コーチングは『考える時間』

コーチングは、「あなたが」答えを見つけるために「考える」時間です。
基本的にこちらからアドバイスはいたしません。
コーチは、あなたの問題に対する答えを持っていません。
「答えはあなたの中にある」が前提なのです。
その答えを見つけるための質問を、たくさんさせていただきます。
コーチからの質問に、考えて考えて回答していくうちに、自分の想いや自分が持っているもの、自分に足りないものなどが明らかになり、行動につながっていきます。

英会話スクールに入会しただけでは、英語は話せるようにはなりません。
ジムに入会しただけでは、痩せません。
自分を変えるには、自分自身で勉強や運動をするしかないのです。

自分で考えるのではなく、答えがすぐに欲しい場合は、講義、コンサルティングなどがオススメです。

ただし、私が知っていることで、あなたの目標達成のために必要と思われる情報提供は、喜んでさせていただきます。

以上をふまえて、コーチングがうまく機能する時、逆にコーチングが機能しづらい時とは…

コーチングがうまく機能する時

コーチングにより飛躍的に成長できるのは、今、変わりたいと思っている時です。
変わりたいけれど、
 初めの一歩を踏み出せない
 背中を押してほしい
 目標達成に向けて、一緒に伴走してほしい
 何をしたら良いのか分からない
 やってみたけど上手くいかない
 目標そのものが分からない

そんな方、ぜひご相談くださいね。

コーチングが機能しづらい時 

逆に、コーチングが機能しない、それどころかかえってストレスにさえなってしまいかねないのが、以下の状況です。

①今、状況を変えたいと思っていない
コーチングは理想の状態に近づくために、現状と理想の間のギャップを見つけ、それを埋めるためにどんな行動ができるかを見つけるものです。
何も変えたくない、変わりたくないと思っている場合、残念ながらコーチングは機能しません。(とはいえ、動きたくない時、動けない時もありますよね。考えた上での現状維持はOKです。)

②自分の頭で考えたくない
繰り返しになりますが、コーチは答えを持っていません。
あくまでもご自身に向き合い考えぬいて、答えを見つけていく地道な作業です。
自分で考えるのではなく、相手からすぐに答えが欲しい場合は、講義、コンサルティングなどがオススメです。

③うつ病などの精神疾患を患っている
コーチングは、セッション後、行動へつなげることで前進していくものです。
精神疾患をお持ちの場合、行動を促されることで、病状が悪化する恐れがあります。
コーチングよりもカウンセリングの方が良い場合があります。

④集中できる環境でない
コーチングは、コーチからの質問に答えることで、気づきを得たり、自己理解を深める作業です。時には「うーーーん…」と考え込まなくては答えられないような深い質問もあります。
料理など何かをしながらとか、お子さまのことが気になっているなどの状態では、なかなか良い考えは浮かびません。
ぜひ集中できる環境を整えた上でセッションを受けてください。
(お子さまがそばにいらっしゃる状況でもセッションを受けていただくことはできますが、十分な効果を得られない可能性もあることをご了承ください。)

せっかくのコーチングの時間がストレスにならないよう、上記をご理解いただいた上でお申し込みいただけますと幸いです。

※コーチングが機能していないと感じる場合、セッションの継続をお断りすることもあります。

f:id:herballife:20211014223720j:plain

心と体はつながっている。
心が元気になれば、体も元気になる。
人生100年時代。
もっともっと心身ともに元気になって、やりたいことはどんどんチャレンジしよう!

コーチング・サービス コーチングとは コーチと聞くと、みなさんは何を思い浮かべますか? 野球やサッカーなどのスポーツ選手についているコーチ?何か...

ハーブティーを飲みながらのリラックス『ティータイムセッション』もオススメ♪